気になる男性へのLINEの頻度や内容の注意点!ラインの送り方教えます!

片思いならLINEのペースと内容に気を付けて!

好きな人がいて、まだ両想いじゃない。
そんな関係を前に進めるため、大切なのがLINEの送り方。

 

学校などで毎日会える…という状況でなければ、何度もLINEでトークをして、遊びに行く予定なんかを立てるのが普通でしょう。

 

恋人未満の相手とLINEで気を付けるべき点は、ペースや頻度、そして内容です。
片思い中のあなたに、有効なLINE術を教えます!

 

LINEのペースについて

好きな人がいたら、いっぱいメッセージを送りたいのが乙女心。
ただLINEしすぎて好意に気付かれたり、面倒くさがられるのは避けたい…というジレンマも発生しますよね。

 

ペースというのは難しいもの。
頻度が多くても少なすぎても、恋愛は発展しづらいです。

 

適当なLINEのペースとは?

意中の彼に、どの程度の頻度やペースでLINEすればいいのか?
これはきっちり答えが出るものではないので、相手の出方を見ることが重要。

 

例えば、彼があまりスマホをいじらないタイプで、LINEを連絡用のアプリと考えている場合。

 

このタイプに頻繁にメッセージをすると「うざったい」と思われる可能性が高い。

 

逆によくスマホをいじっていて、LINEの返信も早いタイプであれば、こちらも細かくメッセージをした方が好感度は高くなるでしょう。

 

LINEのペースに気を配ろうと思ったら、彼との過去のLINEを振り返ってみて確認してみるといいですよ。彼にとって心地のいいペースを見つけましょう!

 

意中の彼へのLINE…何を書くべきか?

ペースや頻度も大切ですが、一番の悩みどころがLINEの内容。
距離を縮めたいとき、どんなメッセージを送るかは死活問題です。

 

この段階でのポイントは「相手を尊重しながら、ちょっだけ深めの話題」を出せるか。

 

ズケズケと深入りしない一方、彼に「自分のことを知りたがってる?」と思わせる絶妙な質問ができると上出来。

 

例としては、以下のようなもの。

 

  • 学生時代の部活
  • 好物
  • 出身地や育った場所

 

すんなりと答えられる内容かつ、あなたが相手男性に対して「興味がある」という事実が、内容から伝えられると完璧!

ペースに要注意!好きな男性との仲を深めるLINE術9選

気になる男性へのLINEの頻度や内容の注意点!ラインの送り方教えます!

 

メッセージは疑問形で

疑問形のメッセージにすることで、男性側の返信の難易度が下がります。
相手に想いを寄せている状態なら、彼について多くのことを知り、そして二人で出かける段階まで持ち込むのが目標。

 

そのためには、できるだけLINEのラリーを続けて、たくさん話したいところ。
疑問符を使って、トークを盛り上げていきましょう。

 

やりとりの最後は自分

効果の高いテクニックとして、自分側からやりとりを切る、というものを紹介します。

 

女性側からLINEをした場合、男性は、当然反応があると考えます。
にも関わらずメッセージが途切れると、なぜ無反応なのかとソワソワして、相手の女性のことを気にしてしまうんです。

 

返信しないことで、逆に意識してもらうことを狙ったテクニック。

 

寝落ちを演出

夜の深い時間までLINEをしたとします。
こういう場合、片方が「おやすみ」「今日はもう寝るね」といったきっかけを作り、トークが終了するのが普通。

 

問題なのは、男性側から終了されると、あなたから次のメッセージを送るタイミングがわからなくなる点。
男性が細かいやりとりを嫌うタイプじゃないなら、仲良くなるには、やはりたくさんLINEをしてお互いを知るのが一番。

 

0時〜1時にくらいになったら、トークの途中でも心を鬼にしてLINEを閉じる。
そして翌日に、謝罪と寝落ちたことを伝えましょう。

 

2に近いですが、急にやりとりを途切れさせることで、男性があなたを気にするように誘導しましょう。

 

テンションを男性側と合わせる

見落としがちなのが、男性側のテンションと自分のテンションを合わせるということ。
テンションに高低差があり過ぎると、ちぐはぐで噛み合わない印象になるからです。

 

細かいことをいうと、男性側より、自分の方が少しだけテンションが高くなるように演出したいところ。
絵文字・顔文字・スタンプなどを活用して、スムーズなトークを目指しましょう。

 

長文はNG

仲良くなりたいのですから、トークを盛り上げないといけないです。
ポンポンと軽快にやりとりするには、相手が返事をしやすいメッセージを送る必要があります。返事をしやすいメッセージとは、それは短文のこと。

 

たくさんの要素や考えの詰まった長文より、端的な一文の方が、即座に理解できてその場での返信もしやすくなります。

 

謝りながらちょっとしたアピール

2、3のような、やりとりを途切れさせて自分を意識してもらう作戦。
しばらく返信を我慢したら、今度はメッセージを返さなかったことへの謝罪を送りましょう。

 

あまりかしこまらず「返信できなくてごめんね」くらいでいいでしょう。
さらに+αを考えるなら

 

「本読んでて、返信遅れてごめんね」
「映画観に行ってて、返信できなくてごめん!」

 

など、謝罪+趣味という形にすると、自然な流れの中で自分の情報を男性に伝えることができます。

 

それからこの文では「趣味をしっかり楽しむ女性」という印象を与えることも可能。

 

男性は恋愛や恋人に依存性が強い女性を嫌う傾向なので、ある程度恋愛から切り離した時間があるとアピールできるのは大きいです。

 

ハートはときどき自然と

意中のお相手に軽〜く気持ちを見せる手段としては、絵文字やスタンプのハートがいいでしょう。

 

毎回のように送っていると「よくハートを使う子」という印象になってしまうので、頻度は時折にして、ナチュラルにハートを送るのがいい。

 

普段は見ないハートマークに、男性はトキメキを感じるかも。

 

共通点で話を広げる

例えば、好きなことや趣味を聞いてみて「漫画が好き」との答えが返ってきた。
あなたも漫画をよく読む人だったら、ここで共感を取りにいきましょう。

 

「私も漫画よく読むよ!」
「○○(漫画名や作者名)知ってる?」

 

…など、話が広がるようにトークを振ってみてください。
共通点というのは、人との距離を縮める大きなきっかけだし、男性も興味のある話題に喰いついてくれるはず。

 

男性と同じ絵文字を送る

男性と同じ絵文字を送ることで、相手の中に親しみの感情を生み出しましょう。

 

例えば男性側のメッセージが「昨日すごく寒かったよね(><)」だったとします。
あなたからの返信は「ほんと!寒かったよ〜(><)」など。

 

つまり、男性側の装飾をそのまま取り入れて返すわけ。
同じものを使って、親しみを感じてもらうんですね。

実はもう両想い?!日々LINEをする男性の真理

気になる男性へのLINEの頻度や内容の注意点!ラインの送り方教えます!

 

意中の男性と、毎日LINEのやり取りができている。
その段階にきたら、今度は男性側の心理を考えてみましょう。

 

あなたに興味あり!

1回1回は短いとしても、日々LINEを続けるのはけっこう大変。
それでもLINEが途切れないのは、男性もあなたに興味があるからでは?
恋愛感情かは分からないですが、あなたと連絡を取ることを、楽しんではいてくれているはず。

 

好意を感じ取っている

この子、オレが好きなんだな。
そう悟った男性は余裕をぶっこいて、気持ちを打ち明けられるのを待っているのかも。

  • あなたが分かりやすく好意アピールをしてきた
  • そもそも男性がモテるタイプ

こういった構図だと、応えるかはともかく、気持ちを告げられるまで知らんぷりで観察している可能性があります。

 

正直マナーの一環

既読からかなり時間を置いての返信、短くて会話が終わってしまうような切り返し。
こんな状況が続くなら、マナーとして返事をしている確率は高い。

 

メッセージが来てるのに返信しないのは不義理。
でも正直めんどくさいから、当たり障りのないつまらない返信をしておく。
そしてそのうち空気を読んで欲しい…といったところでしょう。

 

どんな話題がベスト?意中の男性とのLINEの内容

LINEで何を話したらいいか分からなくなったら、以下のような話題もおすすめ。

 

1.出身地
ド定番の「どこ出身?」です。
必ず具体的な都道府県が上がるので、名物、観光地、行ったことがあればそのときの話などでトークを繋ぎましょう。

 

2.職場について
社会人ならやはり定番の質問です。
アフターでデートや食事がしたい場合、非常に便利な質問でもあります。

 

デートに誘うなら、住んでる地域や最寄りの駅を知っておきたいところ。
しかし、いきなり家や駅について聞いたら、警戒される可能性があります。

 

そこで「職場」の場所をチョイスすると、割とすんなり答えてくれたりするものです。

 

3.お気に入りの芸能人は?
気に入っている芸能人を聞けば、好みのタイプが分かるかも。
もし役者を答えたら映画や舞台の話、バラエティタレントなら、好きな番組の話などができるはず。
正直知らない芸能人なら「どんな人なの?」と聞くのもいいでしょう。

 

最後に

意中の人とのLINEは、これからの彼との未来を左右する重要な要素。
ご紹介したテクニックや心理を実践して、いつか「両想い」をゲットしてくださいね?