気になる男性へのラインの送り方とは?LINEの頻度や脈ありサイン教えます!

やりとりの間隔は?返信内容は?LINEから男性の本音の脈ありサインを探ろう!

LINEの間隔で男性の脈ありを知ることは出来る?

 

片思いでも両想いでも、好きな男性とは、LINEなどで常に繋がりを持っておきたい!と考える女性は多いと思います。

 

今回はそんな、LINEと男性について紹介します。

 

まず基本的な知識として、頻繁にLINEをするのは好意を持たれている確率が高いという図式を覚えておいてください。

 

筆不精(フデブショウ)な男性だとしても、好意を抱いている女性とは、なるべく多くコンタクトをとりたいのは当然のこと

 

なので、小まめにLINEをくれる男性がいるなら、それはあなたに恋愛感情を抱いている、と仮定していいレベル。

 

まあ単に話し好きなのかもしれないし、かまってちゃんタイプの男性という線も捨てきれませんが。

 

LINEの間隔は男性の性格と親和性が高いですが、嫌悪していたり、関心のない相手とは、やはりトークなんてしたくないでしょう。

 

短い間隔でLINEがきて、それなりにラリーをしているのなら、恋愛感情のあるなしは置いておいても好かれてはいるはず。

 

それでは、以下から【頻繁にLINE=好意】という図式から導きがちな、ある一つの間違いを見ていきます。

 

その間違いとは頻繁にLINEはしない=無関心・嫌われているという図です。

 

連絡を小まめにとっていない、以前より連絡が減った。
こんな状況でも、イコールで嫌われたのだとは言い切れません。

 

大まかな傾向として、男性は単一の何かにのめり込むことが多いです。
仕事であったり趣味であったり、その対象は様々。

 

そして何かにのめり込んでしまうと、友達だろうと意中の女性であろうと、筆不精になりがちになります。

 

小まめにLINEしてくれるなら、確かにそれが一番いいと思います。
しかし頻繁にコンタクトをとることだけが好意ではないので、LINEが多いか少ないかで、男性の心は判断するのは不可能と覚えておきましょう。

 

気になる男性へのラインの送り方とは?LINEの頻度や脈ありサイン教えます!

もしかして意識されてるかも?返信LINEのここを確認!

男性の気持ちを探るには、男性からくる返信の内容が重要!
当たり障りのないような返信にだって、男性があなたを意識しているというアピールサインが潜んでいるかもしれないから。

 

以下からは、特に意識して確認して欲しいポイントを、2パターン紹介します!
当てはまるものがないか、思い返してみましょう。

 

既読と返信のタイムラグ

意中の女性からのLINE通知をみたら、男性のテンションは上がります。
そして「すぐに返信しなければ!」とも思うので、既読マークがついてから実際にメッセージを送るまでのタイムラグは極わずかになりがち。

 

仕事などで忙しく、とりあえず確認だけして、すぐに返信できない場合もあるでしょう。
ただ好感度が確実に表れてくるのもこの場面。

 

忙しい中でも、なんとか素早く返信したいのは好意のある相手に対して。
反対に好意がゼロの女性に対しては、すぐに返信しようとは思わないし、既読すらつけないかも。

 

返信できるかはその時々で違ってくるので、やりとりのたびに一喜一憂する必要はないです。

 

しかしライン全体の傾向を見て、レスポンスが安定して素早いのであれば、それは好意を抱かれていると判断できる材料でしょう。

 

返答やリアクション

LINEは文章の交換ではなく、より口語に近い、会話の延長としての側面が強いです。
なので男性側がとるリアクションや返答の形式が、特に意識して確認したい部分になる。

 

トークテーマや普段の接し方も加味する必要はあるが、大前提として、好意を抱いている女性にいい加減だったり、冷めたメッセージは送らないです。

 

そんなLINEをしたら、女性からの好感度が下がるのは明らかだし、わざわざ嫌われるようなことをしたくないはず。

 

ちょっとした話にもしっかりリアクションをくれる、質問ははぐらかさず、明確な回答を示す。

 

細かいことだが、確実に好意がこもるポイントなんです。
また長めのメッセージや、話題を盛り上げようとしてくれる男性は、あなたともっと近づきたい・親密になりたいと考えている可能性が高い。

 

上記の2点は、見過ごしがちですが、男性の内心ががっつり現れるポイント!
男性の気持ちを知りたいときの指標になるはず。

注意!頻繁にLINEしてても別に好きなわけじゃない!?

LINEの間隔や返信からみる好意や脈ありについて紹介しましたが、次からは好意がない場合のLINEのパターンを紹介します。

 

日々LINEで連絡を取っていて、多少時間が空いたりしても、最終的にはメッセージが返ってくる…

 

字面だけると「好かれてるんじゃない?」と思えますよね?
しかし実際のところ、全く好意を抱かれていない例もけっこう多いもの。

 

よくあるのは、ほぼ一方的にメッセージを送ってるだけで、言葉のキャッチボールが成立していないパターン。

 

イメージとしては、以下のような感じです。

 

例子さん「この間、××に遊びに行ってきたんだ〜」
例男くん「そーなんだ!」
例子さん「それでね!有名な□□を見たんだけど、綺麗だった!」
例男くん「うんうん」

 

…さてこれは、双方楽しい立派な会話ですか?

 

女性が話して、一応男性側から返信はきてます。
しかし話題を出しているのは女性だけで、相手がしているのは、合いの手を入れる程度のこと。

 

確かにやり取りではあるが、キャッチボールが成立しているとは言えないでしょう。
この形式のトークが何百回繰り返されようと、男性側から好意を引き出すことはできないです。

 

LINEの量で男性の心は判断できない、と前述したのもこのため。

 

もし連日LINEを送り合っていたとして、男性が合いの手に徹しているのではほぼ無意味。
義理や情だけでスルーしてないだけで【好かれている】【話したいと思われている】のとは程遠いこと。

 

それから、男性側の返事がくるまで毎回時間がかかるなら、それも意中の女性ではないというシグナルかも。

 

以下のようなケースを、客観的に想像してみてみよう。

 

男性側からくる返事は1日に1〜2回程度、女性側のレスポンスは早いのに男性側は未読スルー連発…

 

これって、絶対好きな女性にとる対応じゃないですよね?

 

こういったケースは、あなたとLINEで会話したいというより、メッセージが来た→返事しないとと思っている場合がほとんど。

 

全く返事をしないのは失礼だから、という、つまりマナーや義理の範囲ということです。

 

完全スルーと比べれば、理由はどうあれ返事をくれる方がマシだとは思います。
ただ男性側にとってつまらないやり取りを繰り返していると、徐々に嫌悪感が募って、いつか相手をしてくれなくなるかも。

 

楽しいLINE以前に、あなたとのLINEが男性にとって苦痛になっていないか考えてみよう。

 

やりとりが楽しくない、苦痛だと認識された場合、あなたとLINEをする必要性が消滅してしまいかねないから。

 

客観的に男性の状況を察する、男性が乗っていないようなら短時間でやり取りをやめてみる…このような気遣いが、将来の好感度に繋がっていくんです。

 

気になる男性へのラインの送り方とは?LINEの頻度や脈ありサイン教えます!

気になる女性に送る脈ありサインはLINEメッセージだけじゃない!

ラストに、男性が意中の女性とのLINEで示す、好意的なシグナルをチェックしていきましょう!

 

女性のことがが気になっているがために、自然と送ってしまっているシグナルなので、理解をしてあげよう。

 

LINEの始まりが男性側

仕事や緊急の連絡以外で、男性側発信の他愛もないLINEがよくくる。
これは高確率で、あなたのことが気になっているはず。

 

男性が連絡ツールを用いて自分から発信する場合は、好意の強い人物を対象にしやすいとの検証データがあります。

 

思いもよらないタイミングで送られてくる男性からのLINE。
一言二言で終わらずに、会話に花が咲く(もしくは花を咲かせようとする)場合は、きっと特別な思いを持っているはず。

 

 

たくさんのことを聞いてくる

意中の人のことは何でも知りたい…
これは老若男女誰にでも当てはまる欲求です。

 

理想の恋人像、趣味、ハマっていること、食事の好みetc、聞きたいことはいくらでもあるでしょう。

 

聞きたいことの豊富さは好意の強さに直結しており、多くを知って、相手を受け入れたいと思っている証拠。

 

質問を重ねてあなたを知ろうとするその男性に、女性側も良い印象を抱いている場合は、丁寧に回答してあげましょう。

 

意志や考えを口にする

男性は、興味のない人・どうでもいい人よりも、好意を持っている人にこそ、はっきりと自らの意志や考えを届けようとします。

 

考えを届けようとするとき、男性は【僕】【俺】といった一人称を普段以上に口にしやすい!
理由は簡単で、意志の主張と同時に、自分のプレゼンも行っているから。

 

うんうんと話を聞くだけでなく、いつのまにか積極的に意見を伝えてくるようになった。
それは男性があなたに惹かれている脈ありサインかもしれない。

 

自然と誘ってくる

意中の人とLINEをするようになったら、直接会うことへの憧れが膨らむ。
すると、いつも通りに思えるLINEトークの中に、自然な誘いがちょくちょく盛り込まれるようになるはず。

 

好物のトークをしていたとして「××の美味しいお店知ってるよ」
映画の話をしていたら「俺もその映画観たかったんだ!一緒に行く?」

 

こんな風にお誘いに繋がる言葉が増えたら、男性があなたに好意を抱いていて、会って話したいと思っている脈ありサイン。

 

上記はかなりストレートですが、もっとぼんやりとした誘い方をされるケースも少なくないと思います。

 

もし相手の男性に好意をもっているのなら、女性側から、デートに繋がりやすい話題をふってみるのもアリ。

 

 

今回お届けしたシグナル4つは、男性が無意識下で行いがちなもの。

 

これらを知っておくだけで「もしかして?」と気付ける場面も増えるはず。
ぜひぜひ今後の恋愛に役立てください!

 

最後に

男性とのLINEのノウハウ、参考になりましたか?

 

多くの人が当たり前に使用しているLINEも、少し掘り下げてみると、男女の機微が浮かび上がってくるものなんです。

 

1〜2つ当てはまったからといって、確信をもつのは少し早いです。
しかし、いくつものシグナルが確認できたら、それは男性の好意のサイン。

 

LINEをする間隔、意識しているだろう態度、好意のない男性の返信、無意識下で意中の女性に送るシグナル…

 

これらを念頭に置いて、男性の心を読み解き、素敵な恋愛をゲットしてください!