職場の男性が好きかも?気になる男性と社内恋愛に発展するための方法!

仕事場での恋!意中の男性との社内恋愛するにはどうすればいい?

仕事場で出会った人と恋に落ちたり、そのまま結婚するケースは珍しくありません。
頼りになる先輩をいつの間にか好きになって…というのもよくあるパターンです。

 

しかし社内恋愛は難しい側面も多いもの。
同じ職場内で振られたりしたら、かなり居心地が悪いですからね。

 

そこで今回は、仕事場で恋をした際に役立つ、いくつかのメソッドを紹介したいと思います。
居心地を悪くしないように、少しずつ距離を狭めて、意中の男性との距離感を縮めていきましょう。

 

職場の男性が好きかも?気になる男性と社内恋愛に発展するための方法!

 

意中の男性の「気になる」存在になるためには

アプローチの基本は「話す」こと

人には「単純接触効果」という心理効果があります。
これは頻繁に会ったり言葉を交わす相手に好意的になり、心の壁が取り払われていくといった心の動きのこと。

 

つまり普段からよく関わり、たくさん話していると、心を開いてもらいやすいということ。
意中の男性には積極的に声をかけて、とにかく接触しましょう。

 

仕事の内容や勤務年数などによって、意中の男性との距離感は様々だと思います。
同僚や、比較的近い先輩後輩なら接触は簡単です。
しかし特に仕事での絡みがなかったり、部門自体が違う場合もあるでしょう。

 

そんなときはまず、しっかりと挨拶をしてください。
名前でも顔でもちょっとは知っている関係なら、挨拶をするのはごく普通のこと。

 

廊下ですれ違うときでもいいですし、さりげなく男性の出勤・退勤時間に合わせて動いてみて、挨拶するのもいいでしょう。もちろん笑顔は忘れずに!

 

地道に挨拶を続けるうち【礼儀正しい】【爽やか】【感じがいい】など、あなたのイメージが根付いていくはず。
接点が少ない場合は、挨拶から始めて、少しずつ話が出来るようにもっていきましょう!

 

もし同じ部門であるなど、現時点でそれなりに近い関係であれば、もっと絡んでいきたいところ。仕事について聞いてみたり、お手伝いや補助をするのも効果的です。

 

大きな狙い目になるのは職場メンバーでの飲み会!
上手く相手の席の隣を確保して、出来れば仕事だけでなく、個人的な趣味などの話を引き出してみましょう。

 

ここでは、相手に「関心がある」と思わせることが重要。
可能であれば彼の趣味嗜好を前もって把握しておいて、話を合わせられれば完璧です。

 

残業はチャンス!

職場の男性と仲良くなるためは、既定の仕事時間より、残業時が狙い目。
人には【トワイライトエフェクト】という心理効果があります。

 

夕暮れ時は、心身の活動レベルが著しく下がる時間帯であり、認知力や判断力が酷く落ち込むのです。
この状態だと他人の言動に流されやすいので、通常より簡単に相手を信じたり、距離が近まる傾向にあります。

 

実際、トワイライトエフェクトを利用して営業をかける場合も多々。
また告白やプロポーズにOKが出るのも、夕暮れ時が多いという調査結果があります。

 

さらにいえば、残業を好む人は少ないので、一緒に取り組むと強い共感や連帯感が生まれます。

 

残業時はしゃべりながら作業をする〜なんてことも多く、緩い雰囲気になりやすいので仲良くなる絶好のタイミング。お菓子や飲み物の差入れも効果的でしょう。

 

直接的に残業の手伝いができない場合、同時刻に退勤するのもあり。
途中まで連れ立って歩けたり、軽い食事やお酒のお供ができるかもしれないですよ。

 

意中の男性が残業をするときは、さりげなくサポートをして、距離を縮めてみて下さい!

 

ベタだけど「相談」してみる

もし相手が先輩や上司なら、相談を持ち掛けるのも一つの手です。
基本的に男性は頼られることに誇りを持ちますし、優越感も生まれるので、相談した人をプラスの感情で見ます。
そして実際に相談してアドバイスなどを貰った場合、男性は「アドバイスをしてあげた」のだと捉えます。

 

これが大切な点!

 

骨を折って「してあげた」…つまり自分が労力を割いた。
割いた労力の分だけ、自分は相手に好意があるのだと、男性は勘違いするんです。

 

また相談は、男性の好意を引き出すだけじゃなく、あなたの「恋心」を匂わせることも可能。
そもそも相談事なんて、ある程度好意があって、心を開いている人じゃないとできないことです。先方だってちゃんとそれを知っています。
なので、「相談される=一定以上の好意を抱かれている」とピンとくるわけです

 

何度も好き好きとアプローチされると、いつの間にか自分も相手を意識するようになる。けっこうベタなパターンですよね。
自分を「特別な感情で見ている人」と接する中で、次第に自分も、その人と同じ気持ちをもつようになります。

 

つまり相談は、多角的なアプローチになるワケです。
同じ仕事場、それも自分より上の立場の男性なら、相談するのも自然ですしね。
真面目に相談する中で、少しずつ距離は縮まるはずですよ。

 

私的な部分に喰いつく

ビジネスの場では、誰にも平等に接するべきです。
なので違いをつけるのは、雑談をしているときにしましょう。
意中の男性の私的な話にだけ、喰いつくのです。

 

他の男性陣には少し酷ですが、あくまで喰いつくのは好きな彼の話のみ。
あからさまに喰いついて見せれば、あなたの気持ちを察するきっかけになるでしょう。

 

間接的にアピール

間接的なアピールも、なかなか効果があるものです。
仲の良い同期などに頼んで「(意中の男性)さんが素敵って(あなた)ちゃんが話してたんですよ〜」なんて言ってもらってみてください。

 

好かれてると思えば、どうしても意識してしまいます。意識している内に好意を抱き始めることも少なくありません。
また、本人からはっきり「好きです」と言われるのに比べ、間接的に好意を知らされた方が意識する度合いは高いとい心理効果があります。

 

お菓子などをお裾分け

単純に「ものをあげる」という行為は、人との距離を縮めてくれるんですよね。
手渡すときには会話も発生しますし、基本的には悪いようには取られないと思うので、仲良くなるきっかけになるでしょう。
物で釣る…というと聞こえが悪いですが、どんな形でも、喰いつかせたらこちらの勝ちです。

相手の好意を強める効果的な方法

気持ちのいい挨拶や残業の補助を続ければ、意中の男性から好意的に見てもらえるようになるはずです。

 

それらに加え、会社が開催するイベント中にも、好感度アップは狙えるかも。
新年会や忘年会などの飲みの席や、部署一行で出かける機会などあれば、逐一利用していきましょう。

 

イベントは「仕事をする場」ではないので、仕事モードじゃないあなたの「素」の部分を披露してギャップを感じさせるのです。

 

真面目でテキパキしている女性が、職場を出ると天然でおっちょこちょい。そんなギャップにドキッとしてしまった…なんてことが意外と多いのです。

 

仕事中もプライベートも変わらない!という方は、意識して差を出せばOK。
人によってはあざといと感じるかもしれませんが、上手く恋愛をしている人は、こういうことも器用にこなすものです。

 

ちょっとくらい計算した方が、完全に素で挑むより、効果的なアピールができますよ。

 

職場での恋が実らないのはなぜ?

適当な仕事ばかりする、人の仕事に文句や愚痴ばかり、好きな人ができたと上の空でミスを連発…こんなことでは、誰からも好意なんて抱いてもらえません。
恋愛どうこうの前に、人として好意や尊敬を集められる存在であるべきです。

 

真剣に仕事に取組み、またプライベートでの自分磨きもコツコツと。
そうすれば意中の彼はもちろん、職場の人たちからの評価もどんどん上がっていくでしょう。

 

無理して急ぐ必要はありません。
自分のできる範囲で、ビジネス面もプライベート面も充実させてください。

 

仕事場での恋を成就させるためのまとめ

職場の男性が好きかも?気になる男性と社内恋愛に発展するための方法!

 

多くの男性は、仕事で「上を目指す」傾向が強いです。
業績云々というより、自分がより上のポジションにつくことを望む人が多いのでしょう。

 

上のポジションにつくことはイコール、たくさんの人から「尊敬」を集めること。
人生において、ここに焦点を当てている男性は相当な割合でいると思います。

 

順調に出世するために、経歴はクリアにしておきたい。
そのため転職はあまり考えず、一所に留まって確実にキャリアを重ねたい。

 

つまり生きていく中で、男性が「仕事に捧げる」時間や気持ちというのは、割合として非常に高いのです。

 

それだけ仕事に打ち込んでいるので、職場で彼女を作るのを躊躇したりもします。
喧嘩したり別れたりして、悪評が蔓延したら、たまったもんじゃないですからね。

 

それでは、職場での恋に乗り気でない男性を好きになったとき、その恋を成就させるには何が必要なのか?それを以下にまとめてみました。

 

  • 早く進展させようとしない
  • 距離も縮めずにいきなり告白してはダメ
  • 恋心は周囲に悟られないように
  • 意中の男性を「特別扱い」するのはNG

 

少なくとも、これらは守ってください。
それからもう少しだけ、心に留めておいて欲しいのが次の5つのポイントです。

 

  • ナチュラルに距離を縮める
  • ビジネスと私的な感情には線引きをする
  • ちゃんと仕事をすること
  • 仕事に取り組みつつ、美意識は常にもつ
  • 意中の男性が好意的な態度だとして、それをすぐに恋愛感情に結びつけるのはNG