女性から男性の連絡先を自然と聞き出すテクニック!

男性の連絡先を女性側から求めるのって有り?無し?

男性に連絡先を聞くのはちょっと…と思ってません?

 

そんな悩みは忘れてしまうこと。
ネットでリサーチした結果では、男性のおよそ90%は、女性側からLINEや電話番号を求めるのは有りと答えているから!

 

Q.女性から連絡先を聞いてきたら、その女性に対してどんな印象を持ちますか?

 

「いい印象」 90.9%
「悪い印象」 9.1%

 

出典:「マイナビウーマン」

 

理由としては「単純に好かれている証拠なので悪い気はしない」「グイグイ来てくれる人が好み」といった意見がありました。

 

かなりの割合の男性が、連絡先を求められるのに肯定的と捉えて問題ないでしょう。
半々でもなく90%ですから、なんら問題ない行動といえますね。

初めて会った男性の連絡先…どうやって聞く?

今日初めて会ったけど、素敵な男性…。できれば連絡先を知りたいところ。
知りあってすぐ聞き出すのは難しい気もしますが、要点を把握して、成功率を上げていきましょう。

 

 

お店のスタッフ

何気なく立ち寄ったお店で、素敵なスタッフを発見…割とベタなパターン。

 

ベタとはいえ、初対面ですし、それも働いているスタッフをナンパするのはちょっと気が引けますが…

 

そんな中で話しかけやすいスタッフの代表格は美容師ですね。
髪の毛について聞きたいので、なんて言えば、案外あっさりLINEやらメールやら交換できるかもしれません。

 

美容師さんは作業をしながらお客さんと話すのが基本ですし、お店のスタッフの中ではかなり声をかけやすいでしょう。

 

普通のお店のスタッフさんなら、いきなり連絡先を聞くより、お店に通ったりして認知してもらった方がいいと思います。

 

お得意様になれば顔を覚えてくれるので、徐々に挨拶をしたり、軽い会話をするくらいにはなれるはず。

 

しかしまあ、基本はお客とスタッフです。
それ以上に仲良くなるのは、なかなか難しいと思いますね。

 

出会って間もない相手

まだ出会って日が浅い男性の場合は、出会った経緯も加味します。

 

もし友人知人を通して知り合ったのなら、連絡先の交換は比較的簡単。
明るく「食事でもご一緒に!」と誘って、ナチュラルな流れで連絡先をゲットできるはずです。

仕事先の男性の連絡先…どうやって聞く?

学校の同級生やクラスメイトなら簡単ですが、バイト先就職先などで連絡先をゲットするのはなかなか難しい。

 

どんなふうに声をかけるか、モデルケースを見てみましょう!

 

▼レベル1:みんなで交換大会
面と向かって「一人の男性にだけ」連絡先を聞くのは勇気がいります。
そこで「大勢の内の一人」として、教えてもらうのがおすすめ。

 

呑み会を予定しているので、食事会をするので…などの理由で、職場の人たち皆のLINEなり電話なりを聞けば、自然と気になっている男性の連絡先も手に入る。

 

特にLINEは大勢で話せるツールなので、この方法にもってこいですね。

 

▼レベル2:画像を渡すという建前
宴会中などに写真を撮影し「画像を送るので」という建前を使うのがポイント。
あくまで画像の「宛先」として連絡先を聞くわけ。

 

これなら比較的すんなり教えてくれると思います。
また画像や、画像を撮った宴会のときの話題でトークができるかもしれません!

 

▼レベル2:正攻法で正面から
正攻法で「連絡先交換しましょう」と伝えてみる。

 

勇気はいると思います。
しかし回りくどく連絡先を入手するより、素直でさわやか。

 

顔を合わせてすぐ「連絡先!」では印象が悪くなります。
雑談などで和やかなムードを作ってから、切り出すようにしてくださいね。

 

▼レベル3:スマホ探しを手伝ってもらう
ちょっと策士なメソッド。

 

少しオロオロした感じで「スマホが見つからなくて…鳴らしてもらっていいですか」と、意中の男性にお願いしてみる。

 

男性のスマホで貴女のスマホを鳴らしてもらえば、彼の番号が履歴に残ります。
不可抗力(嘘)で電話番後を知れる上に、お礼の名目で会話を増やしたりもできます。

 

▼レベル3:はっきり誘う
場所を指定して、はっきりと誘ってみる方法。
それなりに仲良くできてる感触があれば、グイグイ押してみるのもあり。

 

かなり勇気がいると思いますが、男性の趣味に合わせて「お食事しましょう」「映画を見に行きませんか」「演劇のチケットがあって」など誘う場所を変えるといいですよ。

一目見て恋落ちた…こんなときどうすればいい?

一目見て相手を好きになってしまったなら、もうあなたから動くしかないです。
ただお互いをよく知らない内から猛烈に迫ったとして、受け入れてもらえるケースは極まれ。

 

理由は簡単、男性は好きでもない女性からの「好意」を認識した瞬間、心がクールダウンするからです。

 

恋を成就させるには、一気に押すことは禁物。
男性に少しずつあなたを意識してもらって、距離を縮めていかなければいけません。

 

親しくなる、少しずつ女性として意識させる、よきタイミングで気持ちを伝える…恋人になるにはこういった段階が必要。

 

自分が相手を好きになった→即「付き合ってください!」では間が飛び過ぎていて、なかなか上手くいかないでしょう。

 

一目惚れのお相手に対しても、段階を踏むべきなのは変わらない。

 

もし毎朝同じバスを利用していて、何となく挨拶をする程度の男性がいたとします。
その人に急に「LINE教えてください」「電話番号知りたいです」なんて言ったとしても、応じてくれるでしょうか。答えはノー。

 

これは男性側の視点で見れば、当然の反応でしょう。

 

もし貴方が、同じバスを利用しているだけの男性から「LINE教えて」「電話番号交換しよう」と言われても、怖いだけですよね。

 

一目惚れのお相手と知り合いになり、距離を縮めていく。
そのためには「知り合いになる」…つまり連絡先を知った仲になるための段階を踏むのが筋でしょう。

 

以下からは、男性から連絡先を引き出す方法を紹介します。

 

女性から男性の連絡先を自然と聞き出すテクニック!

 

連絡先を引き出すメソッド

 

ちゃんと段階を踏もう

ナチュラルに連絡先を引き出すには、ある程度、親睦を深めなければいけないです。

 

全く接点のない人より、同級生でも会社の同期でもよく行くお店のスタッフでも、多少見知った人の方が電話やLINEを教える気になるでしょう。

 

まずは連絡先…と思わず、どうにか相手と接点をもてるように行動しましょう。

 

あなたという存在を知らせよう

全く接点が持てない、そういった場合の急務は、自分の存在を「知らせる」こと。
この段階では、話しかけるなどの接触はしなくてOK。

 

毎回電車の同じ車両に乗ったり、バスで近くに立ったりして「この子いつも一緒だな」と思ってもらえれば、貴女は風景の一部から、あなたという人物に変わるのです。

 

そうなったら、もう少しだけ踏み込んでみましょう。

 

電車やバスで乗り合わせる相手には、小さなお辞儀で挨拶を。
接点の少ない同級生なら、小さく手をフッて「バイバイ」や「おはよう」を伝えてみる。
相手が仕事関係の人なら、ハキハキと爽やかに挨拶をする。

 

ちょっとしたことでも日々繰り返していると、印象に残るようになります。

 

相手についても知ろう

自分を知ってもらうだけでなく、相手のことを知るのも重要。
彼の性格や思考パターンを出来る限り把握して、効果的な言葉やタイミングで、上手く接近していきましょう。

 

仲良くなろうというとき、お相手の情報が豊富なのに越したことはないです。

 

もし好きな作家やアーティストが一緒だと判明したら、作品の貸し借りなどで接点を増やして、LINEを聞ける距離感になれるかも。

 

また早い段階で「彼女はいるか」「配偶者は?」といった情報を仕入れられるといいですね。苦労して親しくなってから「そもそも交際は不可能」なんてことになったら、いたたまれません。

 

一目惚れの場合難しいかもですが、共通の友人などがいれば、彼のことをリサーチしやすくなります。
世間は狭いので、案外ちょこちょこ繋がりがあったりするものです。

 

共通の友人を探るには、SNSが便利。
おすすめユーザーだったり、意中の男性をフォローしている・されている相手、コメントしている・されている相手に目を通してみるといいでしょう。

 

話が出来るようになろう

僅かでも言葉を交わしたことが有るか無いかで、親近感は段違いになります。
髪を切った、ネクタイが変わった、眼鏡からコンタクトになった…小さくても男性について気付いたことがあれば、それがトークの種になるはずです。

 

しかしこれは「言葉を交わす間柄」を築くための行動です。
お相手をヨイショする、媚びる、笑いを取ろうなんてことは考えず、当たり障りのない会話ができれば十分です。